ダボット

概要

当法人が目指す「社会的に障害のある方の公平なアクセスを保障し、自己実現をもたらす社会」を構築するためには、人によるガイドだけでなく、テクノロジーを活用したガイドも大切です。そこで、チャットボット「ダボット:ダックスさんの相談室」を各種機関・団体(法人)等に提供する準備を進めています。

ダボットとは?

「ダボット:ダックスさんの相談室」は、日常生活で抱える、様々な困りごとやお悩みを解決するためのアイディアや便利なツールをLINE®︎で自動提案するチャットボット(人工知能による自動応答システム)です。

ダボットで紹介する情報は全国3,000名以上の調査結果(発達障害当事者を含む)をもとに作成しており、生活に役立つアイディアを500件以上、ご用意しています。

また、チャットボット(人工知能による自動応答システム)となりますので、365日24時間、対応しています。

自分の困りごとの内容がわからない方においても、アンケートに答えるだけで「対人関係」や「注意・集中」など自身がどこに困っているかをチェックできます

ダボットの概要については下記の紹介動画(1分15秒)よりご確認ください。
https://youtu.be/g_NDN6rFPrQ

 

ダボットの導入に関心のある方へ

●ダボットをご自身の法人等(組織)に導入したい方

筑波大学ヒューマンエンパワーメント推進局および一般社団法人サクセサビリティからのダボットの展開イメージ図である。図下部には発達障害者(自認あり)、発達障害者(自認なし)、定型発達者が階層に分かれている。図の左側は発達障害の自認のある人から定型発達者まで全ての就業者に就業先(企業・団体等)を通して展開する。発達障害者支援センターなどの福祉機関、自治体、医療機関などには発達障害の自認のある方を中心に就業者、未就業者、学生まで展開する。図右側は学生であり、発達障害の自認のある方から定型発達者まで、大学、専門学校、高校などの教育機関を通して展開する

ダボットは、筑波大学ヒューマンエンパワーメント推進局および当法人(一般社団法人サクセサビリティ)から、様々な法人等への導入を計画しています。

教育機関、医療機関、支援機関、企業などの法人等と契約を結び、提供を予定しています。

現在、ダボットは茨城県内の数か所の機関と連携し、実証試験を行っており、2023年度中には全国の様々な法人等への導入を開始する予定です。

導入を検討するにあたって、無償のトライアル版も用意する予定です。

ダボットの導入に関心のある法人等がございましたら、お問い合わせより、ご連絡ください。

導入開始できるようになった時に、優先的に対応させていただきます。


●当事者の方などでダボットに情報を提供してくれる方

ダボットを取り巻く3つの人の相互性を示している。1つはダボットの情報を受け取る人、もう1つはダボットの利用を勧める人であり、もう1つはダボットに情報を提供する人である。この情報を提供する人がダボットサポーターである。ダボットサポーターはダボットを通してアンケートに答えてもらってダボットに掲載する情報を提供いただくことが役割となる。

ダボットは、支援者はもちろん、全国にいる多くの当事者の方などの協力を得て、継続的に情報を更新・発展させていきます。

そこで、まだ情報が足りない困りごとへの対処法など、ダボットを通してアンケートに答えてもらい、

情報を提供していただく「ダボットサポーター」を募集しています。

ダボットサポーターに関心のある方がございましたら、お問い合わせより、ご連絡ください。